今週のomi家
 2011年7月31日
 
本日で7月が終わりだ!!
というのに、かなり涼しい。
クーラーはもちろんいらない!!
これだけで、省エネの今年はかなりラッキーなんじゃないかと思う。

ただすごい大雨だ。
韓国もかなり被害がでたようだが、東北地方は今度は大雨の災害で大変なことになっている。
人間は自然には勝てないわね!

雨が降らなかったら歩きたいところだが、いつ大降りになるかわからない空模様なのが残念だ。


先週、ブックオフの半額日というのがあって、ほしかった本をゲット!!



この亀の本は以前、違うシリーズを同僚がハワイに行ったときに買ってきてくれた。
それ以来、ひいきにしているストーリーだ



写真に撮ってしまうとわからないけど、左上と右下のくろい四角の部分の絵が動くんだわ。
かなりのすぐれもの!!!



これはおなじみロバートサブダとマシューラインハートの仕掛け絵本



全ページにこのような豪華なしかけがある!!!
この絵本を買ってしまった前日、他の本を探しにブックオフに行ったのだが、
次の日が洋書の半額としり、あらかじめ、めぼしをつけてしまったのを
開店と同時にゲットしたんだわ。

今回わかったのはこういうセールの日は開店前から人が並んでいたってこと。
みんな洋書のコーナーのおしかけると思ったけど、そういうことはなく
ゲームのところに行ってました。


そして、今週はMと会った。
行った先は渋谷のロゴスキーというロシア料理。
ここの半額
(買い物するときは半額以外は考えてないかも。。)の券が
ポニッツというサイトででたので、それをゲットしておいたんだ。

最初はとってもよかった。
前菜もきれいだったし(カメラを持っていってなかった)
パンもおいしかった。
スープもよかったし、ステーキもおいしかった。

ただ!!
量が多すぎた。
最後はがんばって
食べるほかない!!!

ってぐらい量が多かった。

フルコースじゃなくって、少し頼んでロシア料理を楽しむのがいいのかも。。

今見ている韓国ドラマ
千秋大后
ピンクのリップスティック
風ふくよき日
キムタック

千秋大后以外は毎日どんどん放送されていくので、がんばってみていかないといけない。
かなりのプレッシャーがかかる毎日だ。

あとはもちろん水曜どうでしょう。
コスタリカ編。
これはやめられません。

こんなことで年をとっていっていいんだろうか。。。



 今週のomi家
 2011年7月23日


ほぼ3年ぶりぐらいでKに会った。

Kは学生時代の友達だ。

Kの次女の婚約の話とomi家の長男の結婚の話と、時はどんどん流れている。

しかしお互いに年をとったわねえ。

今回、思い出させてくれたのは、Kは頭がいいってこと!!!

一緒に自由が丘のブックオフにはいったんだわ。

そこで英語の差を見せつけられる!!!

学生時代の頭は今も差をもったまま!!!!

でも頼れる友達っていいね!!

また会おう!!!


最近、こり始めた水曜どうでしょう!!!

アメリカ編を見た。

ロスからワシントンDCまで車で走破するんだ!

しかし見ていて思ったよ。

omiだって若いころ、オハイオから三日三晩夜行バスにのりつづけキーウエストまでいった!!

今から思うとすごい過酷な旅でしょ。

最初の晩はコロンバスからアトランタまで夜行バスにのり、日中、アトランタの町をみた。

それが夏の話。

気温は40度ぐらいになるんだ。

その中、なぜか!!!歩いてコカコーラの本社までいったような気がする。

たぶん途中までバスに乗ったんだと思うんだけど、そのあたりの記憶があいまい!

そして、その日の晩また夜行バスにのりオーランドへ。

このオーランドの発音が通じなくて、オランダっていったほうがいいってのを覚えてる!!!

そして日中はディズニーワールドへ。

このころよくジェットコースターにのっていたんで、
ディズニーワールドのジェットコースターがなんでもなかった。。。。。。。。。

そしてその日の晩、またバスにのりマイアミへ。

そしてそのままキーウエストまで行ったんだわ。

若くなければできないでしょ。

ホテルに泊まってないから、風呂にもはいってない!!!

途中マイアミの
恐ろしいといわれるグレイハンドのトイレで
シャンプーをしました!!

グレイハンドのバスステーションは今はどうかわからないけど、
よく犯罪がおこるっていうんで、鍵をかりてはいっていたんだわ。

そんなところでシャンプーをした。。。。。


キーウエストに何日か滞在して、また夜行バスでニューオーリンズへ。

覚えているのは暑かったことだけ。

ジャクソンビルとか聞くとあの南部の酷暑を今でも思い出す。


ニューオーリンズからナッシュビルあたりにいって、それでオハイオに戻ってきた。

Tと一緒だったんだけど、二人ともよくがんばったわ。

一生に一度の旅だね!!


まあこれはアメリカ南部編で、東部編とかイギリスのスコットランド編とかあるんだけど、
なんせ記録がどこかにとんでしまったので、(アメリカの分はすてたような気がする)
今になっては詳細はかけない。

あのころにブログがあったらなあ。。。

と思うのです。


さてそのオハイオで一緒だったTとスカイプで話しができた。

話ができるまでが大変で、
発覚したことはomiのこの新しいPCにはマイクがついてなかった。。。。

パネルタッチ版にしないとマイクはついてなかったんだわ。

安くしたんで、なにも機能がついてない。

(それでも容量が大きくなったんでかなり喜んではいるんだけど。。)


1回目はTからの声ははいるのにこちらからはチャット状態。

で、次男に言ってみたところ、今はあまりつかってないからと
マイクとカメラをもらうことができた。

それをつかって、(それでも四苦八苦して)
やってみたら見事にスカイプを使うことができた!!!

ちょっとすごい。

しかしだ。

これがただってことは、本当に画期的だわね。

昔、電話代が何万円もしたってのが嘘のようだわ。

世の中の流れになかなかついていくことができないんだけど、
これからも細々と前進していくつもりだあ。


次男はインドにいってきた。

母が行きたいところをどんどんとまわっている次男。

しかし、いつもの四人組じゃないと話がよくわからない。

象にのったら、気の荒い象で落とされるんじゃないかと思ったというのと、
インドにはめちゃくちゃ高い紅茶があって、それは砂糖がはいってなくても甘い
というこの2つの話しか今だに聞いてない。

あとはなんのことかさっぱりわからないわ。

次男が帰ってきた日はちょうど台風が関東地方に向かう予定だった。

なのに!!!!

台風は大幅に進路を変更し、次男はなんなく成田に戻ってきた。

そしてそれから毎日毎日、学生時代以上に遊びまわっている。。。

かなりうらやましい。。。


まあこれじゃあスカイプをやる暇はないわね。


その台風が来るというとき、一番心配したのは次男のことじゃなくって、カルガモだ。

例のカルガモは近くの川にいるんだけど、そこは3メートルぐらい地上よりも下を流れている。

ってことは飛べない雛は増水してしまうと流されてしまうんだ。


おもいあまって、区役所に電話してしまったよ。

まあ野生の鳥だから、期待はもってなかったけど、
他の区ではお堀までお引越しするときに警官まででるようなところもあるでしょ。

だめもとでもなんでもいい!!!

って感じの電話だ。

すると環境整備課の人は言った。

『話だけきいておきます。』

やっぱりね。。。。

池に移動させるだけでいいんだけどなあ。。。

野生の鳥だから手を加えないのはわかるんだけど、
人間が川に手を加えてしまっているんだから、
なんとなく無理があるような気がしてならないんだけど。。


とりあえず、今回は増水もなく、雛たちは無事だった。

飛べるようになるまで約三ヶ月。

無事に過ごしてほしいです!!

(日曜日には一羽すくなくなってしまった)

そして、特記事項は、台風のあと、突然寒くなった!!

涼しくと書くべきなんだろうが、これは寒いという表現があっているような気がする。

この7月に窓をしめて寝た。

(もちろんエアコンなしです)

しかもしまっていたかけぶとんまでだした。

このまま9月になれば最高なんだけど。。


土曜日まではなんとかこれでもっていけたけど、明日、日曜日からはまた暑くなる模様。

これからが夏本番だわ。




 今週のomi家
 2011年7月17日
 毎日、猛暑の連続だ。
しかもすでにセミの鳴き声を聞いてしまった。
水曜日だったかな。
後続がでてないのが幸いだけど、セミも出番を待っているんだろうな。。。。

この暑いさなか、次男はインドへ行った。
インドもおそらく暑いんだろうと思う。
紅茶を買ってきてとだけ頼んだが、あとはどんな旅行をするのか不明。。

今週はカルガモとつばめの二本立てだった。
水曜日、川を歩いていたら、なんとカルガモの雛を見つけた。
これは大変!!
とカメラを撮りに行く。

この日はお墓参りに行こうと思って、お花やさんにいったところで
カルガモを見つけたんだ。
で、一度、家に帰り、お供えのアレンジを作って、また川にいく。

朝からの猛暑の中、カルガモを追って1時間!!
通りがかりのおじさんも
『熱中症にならないようにしてください!』
と声をかけてくれた。

熱中症にはならなかったけど、
なんとどういうわけか!!
肩にものすごい日焼けをおった!!

おそらくカメラを構えていたときに右側の肩がでていた模様。
(それに気づかないし。。)

右肩だけ日焼け。
これって普通じゃないかも。。。。。


カルガモの赤ちゃんはよくここで育っていると感動ものだ。
午後からもまた写真を撮りにいく。
ちょうど帰宅途中の中学生も川を覗き込んで
かわいい!!
と言っていた。

カルガモは金曜日、土曜日と見ることができなかった。
朝早すぎても、寝ているってことが今回わかった。

そして日曜日、ようやくまた見ることができた。


もうちょっとがんばって写真を作ればいいんだけど
最近、夏ばてなのか意欲がない。



それでも写真は撮らなければ!!
と暑い中、一人で写真を撮る。
だ〜〜〜〜れもいないので独り占めなのです。



2日みないうちに泳ぎ方がしっかりしてきた。
問題は台風だ!!!
役所に電話してなんとかしてもらおうかなあ。
この川って水かさが増えると流れがすごいんだわ。
絶対に流されてしまうと思う。


カルガモの合間はつばめだ。
つばめは今年二回目だ。
いつもの同じ場所で今回は5羽うまれた。

しかしこの暑さでどうもばてているんじゃないか。。。
とこちらも心配だ。

そして、omiは軽く夏ばてをおこしている。


写真を撮っても、それをHPにまで持ってこられない。
ってがんばればいいんだけど!
だめなんだわ。

結局写真はブログで使ったものを使っているし。
山のように撮っているんだけどなあ。

はやく秋にならないかなあ。。。




 今週のomi家
 2011年7月12日
 

チャミョンゴを見終わり、続いて千秋太后を見始めている。

このドラマは千秋太后をチョンチュテフと読まなければならないところが
まず最初にむずかしい!!!


チョンチュテフの時代は高麗だ。

ってこの時点は当たり前のように書いているけど、なんと!!!!!

今まで、高句麗と高麗が違うってことを
知らなかった。。。。。。


こんなにドラマを見ていても何も知らない、
何も覚えていかないomi.......

今ごろになって、高句麗にんじんって言わないでしょ。

高麗にんじんっていうでしょ!

なんてひとりでわきたっている。。。。


高麗は918年〜1392年まで続いた。

都はは開城(第三トンネルの近くの展望台から見える北朝鮮の街だと思う)


因みに高句麗は紀元前37年〜668年だ。


高句麗をたてたのが、チュモンでしょ。

で、高句麗がほろんで、渤海をたてたのが、テジョヨン。

ドラマのテジョヨンを演じたのがチェスジョン

チェスジョンは海神のチャンボゴも演じているので、
今となってはどの場面がテジョヨンでどの場面が海神なのかが定かでなくなる。。。。


前回見たチャミョンゴは高句麗のはじめのころの話だ。

そして今回のチョンチュテフは渤海が滅んで、高麗になってからの話だ。


先週も書いたけど、朝鮮史といえが、高句麗、新羅、百済の三点セットしか覚えてなかったんだけど、
いかに学校で習う世界史が、歴史の一部だけだったのかがわかってしまう。

とあくまでも自分の知識がないのは
学校教育のせいだ
ってことにしてしまいたいomi!

だから世界史に魅力を感じなかったと、
さらに自分が勉強しなかったのを今になってまでいいわけするomi....


でも朝鮮史をやれば、中国史もやらなえればならないだろうし、
それにともない、アラビアからヨーロッパの歴史を知りたくなるんじゃないか。。。。

やっぱり魅力ある学校教育って必要よね!!

と自分が知識がないもんで、このあたりはしつこい!!



今回もいろいろ調べはしたんだけど、なんせ覚えられないので、見つけた地図を使ってしまう。

(いつも地図を勝手に使ってしまってすみません)


5世紀のころ


6世紀のころ


7世紀のころ


8〜9世紀のころ


10世紀のころ

こうやってみると日本史って楽だなあと思う。。。。


この地図の中でずっと存続しているのが契丹
契丹は4世紀から14世紀まで1000年にもわたって国を維持した。
江戸時代が長いっていったって、300年でしょ。
ってことはこの契丹って国ってすごいんじゃないか。。

契丹は満州から中央アジアにかけていた半農半牧の民族だ。
ハングル文字は契丹文字の組み合わせに似ているという説がある。


これが契丹文字。
なんでも勝手に使わせていただいている。

高校のころこれだけ興味を持てたらよかったんですけどねえ。。



さて高麗だが、都の開京(ケソン)にはアラビア商人がたくさんいたらしい。
アラビアの商人が高麗をコリョといい、それが今のコリアになったということだ。


omiのお気に入りのドラマ、善徳女王は新羅の話。
630年ぐらいのことだ。

また高麗の次にくるのが李氏朝鮮。
チャングムはこの時代の話だ。
こう見ると韓国の歴史ドラマが自ずから、壮大になってしまうのが
わかるような気がする。。




 今週のomi家
 2011年7月3日

毎回、ホームページの壁紙をつくるのに、自分で写した写真を使っているのだが、
今回は撮った写真(白馬でいただいたガレットの写真です)をアレンジしてみた。
万華鏡というので加工したらこんな壁紙がつくれました。
夏にしてはちょっときつい色か????

紫はお料理についていた花の色で、まわりのオレンジはにんじんの色なのです。。



さて、今はまっている韓国ドラマ、チャミョンゴ!!
その背景にせまる!!
ということで今回はまた韓国史の勉強だ。

しかし何回、勉強してもちょっと調べたことはすぐに忘れるなあ。。

まず、チャミョンゴは楽浪郡の女王ということになっている。
楽浪郡?
そういうのも世界史の時間でてきたかもしれない。。。
ぐらいの知識しかない。。。

そしてもうひとつの高句麗
これは歴史で学んだというよりもチュモンで知った!?

このふたつの国の位置を知る地図を見つけた。


勝手に使わせていただいてしまってる。。。

この地図を見つけるまでがちょっと大変だったかも。
しかし高句麗が食料を求めて楽浪郡を攻めたというのが地図によってわかる。

ドラマでは楽浪郡は南にあるので、食料も豊かだとなっていたが、
実際は今のピョンヤンのあたりでしょ。
ということは冬はすごく寒いんだわ。

チュモンが高句麗を建国したといわれているのは現在の中国、遼寧省のあたり。
韓国史というよりも中国史だ。
遼寧省よりもピョンヤンは南になるわけだけど、
考えてみれば、食料を調達するには大変だったかも。


高句麗というのは高校の世界史ででてくる。
そして高句麗、百済、新羅の三点セットで覚えさせられる。
高句麗は上にあって、新羅が右か百済が右かというのがはっきり覚えられないまま
試験当日となる。
結果、運がよかったら、ちょっと点数をもらえ、
運悪くそれぞれの国の名前を漢字で書けなんて
出題になると、まったく点数がとれないという仕組みになっている。
(あくまでもomi的にです)

ところが、高句麗って紀元前37年から668年のなが〜〜〜い期間があり、
その間、ずっとこの三点セットではないことが今回わかった。
(今ごろわかったって1点にもならないけど。。)


チュモンが建国した高句麗は2代目が瑠璃(ユリ)王、
そして3代目が今回チャミョンゴにでてきている大武神王となる。

この大武神王のことは韓国ドラマ、風の国で描かれているようだ。
(これも見なければならないということだわ!!)
大武神王は、27年間在位した期間に、楽浪国などの領土を拡大した。

このあたりで歴史的背景がちょっとだけわかってくる。
これだけ韓国歴史ドラマを見てしまうと、
興味がわくわね。

歴史の授業ってこうやればいいんじゃないか。。。

楽浪は、BC108年に漢の侵入により滅ぼされた古朝鮮の地に設置された
漢王朝の植民地であった。
漢王朝は、“漢四郡”と呼んだ楽浪郡、真番郡、臨屯軍、玄菟郡を足がかりに
朝鮮半島の支配に乗り出した。
その中心となったのが楽浪だった。

ってことはドラマでは当然韓国語オンリーなんだけど、
実際は中国語だったのかも。。
なんて想像できる。
やはり朝鮮半島は大陸続きなんだなあと
壮大なものを感じる


楽浪郡は、中華文明と朝鮮とを繋ぐ重要拠点として文化も栄え、
人口も40万と記録されており、大国の高句麗よりよほど豊かだった。
しかし、多くの朝鮮族は、漢王朝の支配から抜け出ることを強く望んでいた。
その結果チェ・リとワン・ゲンによるクーデターが起きた。
このあたりからチャミョンゴははじまっている。

しかしわからないのが、圧倒的に強かったはずの楽浪郡は高句麗に破れた。
歴史って終わってみないとどうなるかって本当にわからない。。。

『三国史記』14巻高句麗本紀・大武神王紀には、
大武神王の好童王子(ホドン)と楽浪王の姫との恋の話として
説話が載せられている。

このドラマはここから作られたようだ。
そして実際は好童王子の死から5年後のAD37年、
大武神王によって楽浪国は滅ぼされている。

現在チャミョンゴはあと残り2話というところまできている。
最終回がどうなるのか気になるところだ。

 



Back

inserted by FC2 system