omi,野鳥のメッカに行く!!
2010年3月19日

Part1


最近また野鳥のメッカに行き始めている。
もうすぐ山に帰ったり、中国まで帰る鳥の写真をゲットするためだ。

木曜日の朝、家事は何もしないで(普段と同じか。。)Mをめざして旅立つomi。
去年からこのMに来だしたんだけど、今年は毎年、鳥が好む場所が違うことがわかった。
去年、アトリがいっぱい撮れた場所は今年はまったくアトリがみられない。
よってアトリのいる場所が把握できずに今年はまったく写真がとれてない!!!!
まず森を歩くと池に向かった。
ここにはオシドリがいる可能性が大きい!!
いました!!!
ただ寝ているだわ。
お疲れの模様。
このオシドリってもうすぐ山に帰ると思うんだけど、やっぱ飛んで帰るよねえ。。。
一度も飛んでいるのを目撃したことがない!!
飛ぶところをぜひ見てみたいです!!!!!
オシドリを撮っていると、かわいい鳥の声が。。。
その時、思った。
鳥って種類ごとに鳴き声が違うでしょ。
これってすごいと思わないか!!!!
神様が何かのご褒美にかわいい声を鳥ごとにあげたとしか思えないんだけど。

かわいい声の持ち主はカイツブリだった。
はじめてカイツブリの写真ゲットです!!!!

でっかいレンズで写真を撮っていたおじさんは、つがいで巣を作らないかなあって思っているとのことだ。
そうすると子どもを背中にのせて泳いだりするらしい。
そんなかわいいことをするのか!!!!!!!
と、かなりエキサイトするomi!!!

カイツブリは必ずつがいでいるそうだ。
目がかわいい!!!!

前にルリビダキを撮った池の近くの場所には何もいなかった。
森の中ではかわいい声が聞こえて、なんやら動く気配があるんだけど、それが何であるかはよくわからない。

いつも行くコースを通って、次のポイントへ。
ここはクロジの写真がよく撮れる。
かなり近くまできてくれるのでうれしい。
今回クロジのくちばしをよく見てみました。

おもしろいでしょ!!
同じクロジでも色が微妙に違ったり、顔が違ったりして、それもまたかわいい!!!!

ここでは森の中でひとり(っていっても、何メートルか離れたところは普通の道になっている)で、クロジがかさかさって音をたてるのが、とっても大きな音に聞こえる。
まるで小動物が移動しているようだ。
森の中では、たくさんの鳥が落ち葉の下のえさを探している模様。

小道を通って、池の近くのポイントへ。
ここはヤマガラがいるところだ。
以前、一回だけど、ここでルリビダキを見たこともある。
途中、鶯の声も聞けた。
しかし鶯をカメラに収めるのはとってもむずかしいと聞いたことがある。

疲れてもいたので、ベンチに座っていると、来ました!!!
ヤマガラ!!!

しかも、すぐ近くの枝にとまってくれる!!!
ヤマガラも表情がとってもかわいい!!!

しかも色がきれい!!!
しばらく一人で座って、ヤマガラと遊んでいた。

ひたすら写真を撮るomi!!
そのうちに他の人がきて、鳥達は遠巻きに離れてしまった。


そこで、次のポイントへ。
池の近くだ。
ここにはよくジョウビダキがいる。
去年は本当によくジョウビダキのオスをみたんだけど、今年はメスを見ただけだ!!
あまり池には長居をしない!!

森の中に再びはいる。
いろいろな鳴き声が聞こえるんだけど、姿がみえない。
遠くの方にヤマガラがいた。
でも遠すぎる!!!!
ヤマガラからはomiがよく見えているんだろうなあ。。。

ふたたび池の方に戻って、今日はこれだけかなって思ったところにジョウビダキのオスが現れた。
あわててカメラを向ける。
今年、なんとジョウビダキのオスの写真を撮るのははじめてじゃないか。。。。
やっと撮れました!!!

一人のおじさんが話しかけてくれた。
『今年はなかなかジョウビダキのオスの写真が撮れないんだよねえ。』
やっぱりそうだったんだ。


おじさんは情報をくれた。
ルリビダキが撮れる場所がある。

帰るのをやめて、教えてもらった場所に行く。
そこはポイントらしく、何人かのおじさん達がでっかいレンズのカメラを一定の方向に向けていた。
はじめからここを見つければよかったんだ!!!!!!
さっきまでルリビダキが来たらしい。
『また15分か20分ぐらいしたら来るよ!!』
とおじさんは教えてくれた。

ルリビダキが来るのをひたすら待つ。
そのうちになんと鶯が来た!!!!!!!!
鶯って来るんだあ!!!
鶯の写真ゲットです!!!!


一生で一度のことかもしれない。
鶯はまだホーホケキョとなけないでチュチュといっている。
これがあのように美しい声で鳴くなんてすごすぎることだなあと思った!!!
鶯は動きが早い!
鶯の足はものすごく細い!!!
こんなことが今回わかったことだ。


おじさん達は今度はなんやら上の方を見た。
『あれはもずかなあ。』
え!!!
百舌だって!!!!!

思わず動く物体にカメラを向ける。

おじさん達は鳥を見つけるのがじょうず!!!
よってこういうところにいると思いがけず、他の鳥の写真もゲットできる。
一人のおじさんが隣のおじさんに言った。
『撮れましたか?』
するとそのおじさんは言った。
『あの女性が撮ったみたいだ。』
あの女性っていうのはomiのことだ。
この時omiは思った。

旅行に行ったりすると日本人には見られないで、中国人とか韓国人とか凄すぎるときはアメリカ人に見られるんだけど、男か女かってことになると女に見られるんだああ。

なぜ立派なカメラでみんな撮らなかったかっていうと、ちゃんと三脚をたてているので、すぐにそれを持ってこれないんだ。
で、omiが200ミリのレンズで精一杯とった鳥の写真を見せる。
シメでした!!!!

レンズがいいと絶対にいい写真が撮れるけど、そんなことをいったら、一生鳥の写真がとれないでしょ!!
だからこのレンズで撮れるのを撮ってしまえばいいのです!!!
どんどんずうずうしくなる!!!
これが必要なことなんだ!!!


おじさんは20分といったけど、1時間待ってもルリビダキは来なかった。

一回は森のはずれまで来たんだけど、
でてくる!!でてくる!!と言われたんで、待っていた。
しかしルリビダキはそのまま森に帰ってしまった。
この時に撮っておくんだった!!!

もう一回は、おじさん達がエナガという鳥を撮っていてそれに参加していた時にでてきたみたいんなんだ。
エナガを撮らなかったおじさんのみがその時のルリビダキをゲットできた。
ルリビダキはとっても気弱で、四十雀など他の鳥がくるともうでてこないらしい!!

エナガははじめて聞く名前だった。
大多数のおじさん達にとってはルリビダキよりも価値がある鳥らしい。
ただ木の高いところにとまるのでomiがその写真を撮るのはとっても大変!!!
まあそれでも撮りましたけどね!


他に
『あ!!鷹だ!!』
と言われて、カメラを向けたけど、鷹ってすごく早く飛ぶ!
撮れませんでした。
おじさんが言うにはあれは普通に飛んでいるとのこと。
獲物を狙うときはもっともっと早く飛ぶらしい。
ただ、omiが見ても決して鷹とはわからない。
からすと思ってしまうだろうな。

待っている間におじさん達は情報の交換をしていた。
近くだったらいろいろ教えてもらうんだけど、それは関東地方のあっちこっちにまたがっていた。
そこまで時間にゆとりのないomi!
かなりおじさん達がうらやましかった。

おじさん達のなかで、ひとり顔を見たことがあるおじさんがいると最後の方になって気づいた。
洗足池で何回かお話させていただいたおじさんだ。
お名前も知らないだけど、またお話をさせていただいた。
ありがとうございます。

おじさん達は一日ここにいるらしい。
ちゃんと折りたたみの椅子ももってきているし、おにぎりを持参しているおじさんもいる。
自分が撮った写真を持ってきているおじさんもいて、見せていただいた。
本当にきれいな写真を撮っているんだ!!
しかしomiは限界が近づいていた。

この日はなんと朝も食べずにでかけてきた。
お腹はすくし、疲れてもきた。
時計をみると、なんとルリビダキのために2時間半もそこで待っていたんだ!!!
なのにルリビダキは来ない!!
嫌われているのかなあ。。。。。。。。。。。。。

最後はomiはルリビダキに負けた!!!!!
2時間半待ってしまったのに来なかった!!
これってルリビダキの勝ちでしょ!!
もうすぐルリビダキは山に帰るらしい。
今が色も一番きれいなときらしい。
こんなかわいい鳥がひとり(じゃない一羽)で山に帰るんだ!と思うと、かなりの感動がある。
ルリビダキの写真どうしてもほしい!!!



Part2

ってことで土曜日に再びMに参上。
この日は実は翌日の法事で、たいそう忙しいはずなんだ。
オットも帰ってきちゃうし!
でもどうしてもルリビダキの写真、ほしいでしょ!!
はっきりいってルリビダキとオットとどちらが大切かというとルリビダキとはっきり答えることができる!!!

朝8時すぎにMに到着。
以前、アトリの写真がとれたところに行ってみる。
そこにいたのはなんとシロハラ。
ここでシロハラを見るのははじめて。
落ち葉の下の餌を探していた。
写真を撮っていると、気づかれて模様。

一回は逃げたんだけど、再び他の場所にきてくれた。
しかし、鳥って落ち葉の下の餌をちゃんと探してすごいなあと思う。
すごいエネルギーをつかっていると思うんだけど。。。


シロハラを撮ってから、ルリビダキがでてきそうな場所へ。
途中、なんとアオジが足元まできた。

omiが人間だってわかっているんだろうか。
3羽で、まったくomiに関係なく餌を探していた。
こんなに存在を無視されたのは初めて!!
omiは一応人間です。



この日も木曜日と同じ場所に行く。
誰もいない場所でひとり待ってみる。
するとまず鶯が!!
鶯の写真を撮れるなんてすごすぎるんだけど、それよりもルリビダキの写真がほしいomi
鶯が去った後、でてきました!!!!
あのきれいなブルーの羽ですぐにきたことがわかる!!!!

ルリビダキは何回か行ったりきたりして森に戻った。

しかしひょっとしてもう一回でてくるかも。。
と思ったomiがえらかった!!
その後2回同じようにでてきた。
しかもomiひとりでルリビダキを独占してしまった!!!!

ルリビダキはとっても臆病らしい。
森からでてきてもかなり身を縮めて緊張している模様。

でもあの黒いまん丸の目とあのブルーの羽と、本当にかわいい!!!!
この日はルリビダキだけ撮って帰宅。
しかし土曜日に行ってよかった!!!!

そろそろomi的野鳥のシーズンは終わりになる。
(夏は鳥が木の上の方にとまっていて、葉があるし、omiのレンズでは無理なのです)
今年の収穫はやっぱこのルリビダキのひとことだ!!!
本当に最後にやったね!!って感じです!!



Back

inserted by FC2 system