羽田へ

  搭乗の時間になった。
荷物もあることだし、はやく乗ろうと列にはいる。
そして3人がけの廊下側に座った。
すると
トイブチ
とおじさんが言った。
窓際の席のおじさんだ。

中国人なんだ。
omiは席をたち、おじさんを中にいれる。
シェーシェー
と言いながらおじさんは中にはいる。
日本語はできないんだな。


そして真ん中の席のおじさんも来た。
おじさんは日本語ですみませんといった。
で、席を立つ。

おじさんは荷物を上の棚に
いれたそうだったが、
なんせomiが2個分のスペースをとっていたので、いれるところがなかった。

すると窓ぎわのおじさんが、
日本語で、
あっちがあいてますよ
と言ったんだ!

おじさん、日本語わかるんだああ。
なのにomiには中国語で,
しかも広東語じゃなくって
マンダリンで声をかけてくれたんだあ

香港に来ても中国人と思われるのは相当ですね。


そして飛行機が離陸するときにこのおじさんは
タブレットで思う存分、写真を撮っていた。
え??
離陸するときから写真をとっていいようになった???

これはいまだに謎です。。。。

(その後、奥様がキャビンアテンダントが同僚に、これを聞いてもらった。
最近、大丈夫になったということで、返す返すも窓際にしなかった
ことが残念だった!!)


帰りは12月になっていたので音楽のプログラムがかわっており、
クリスマス特集になっていた。
それも聞いたし、キムタクの映画も途中まで見たし、忙しかった。
キムタクの映画は次回、全部見ることにする!!
という次のミッションをすでに作ってしまった。

クリスマス特集のバッハのクリスマスオラトリオ!
よかったです!
CDを購入しよう!!

そして飛行機は羽田に到着。
はじめての香港一人旅は思ったよりもずっと楽しく、
新しい香港を満喫することができた。
思い出がいっぱいの香港だが、新たな開拓ができた感じだ。
次回もチャンスがあったら、ぜひ香港一人旅をしてみたい。 



Back

inserted by FC2 system